※当ページ内リンク先は「太字リンクは当サイト内別ページ又は当サイト運営者管理別サイトへのリンク」「細字リンクは全く別のwebサイト様へのリンク」です。(ご閲覧環境によりましては太字と細字の区別は特に反映されない場合がありますので予めご了承下さい。)後者リンク先様は他の公法人様や企業様・個人様等のご管理運営下にあり当サイトと関係はありません。

※当サイトトップページはリンクフリーです(当ページに関してはこちらをご覧下さい)。なお、当サイトでは①リンクフリーをご明示されているサイト様②相互リンク先様または当サイトからのリンクに関してご同意を頂きましたサイト様について、お役立ちリンク欄等よりリンク設定させて頂いております。

※当サイトへの各種お問合せ関連に関しましてはこちらのサイト方針・お問合せをご参照下さい。

 

 札幌・札幌近郊「かんたん」navi 特集vol.3は「小樽天狗山の光景特集」です!当特集では、2012年に「かんたん」naviスタッフが小樽通過時に立ち寄りました小樽天狗山からの光景をスライドショー等でお届け致します(お届けする内容は2012年9月上旬の「かんたん」naviスタッフによる撮影内容となります)。なお、今回訪問した天狗山の夜景は、函館の函館山・札幌の藻岩山と並び北海道の三大夜景として知られており、夜景も後日追加予定です!

 

 小樽市内のJR小樽駅付近・国道5号は稲穂2丁目18の交差点より道道697号に入りまして道なりに進みました後、道道956号と二手に分かれる交差点を左へ、そしてすぐ右に入る事のできる道(千秋通り)を右折し、道なりに坂を上っていきますと写真の天狗山ロープウエイ乗り場があります。JR小樽駅付近から車では15分程度となります。また、JR小樽駅からは一時間に2、3本天狗山行きのバスが出ています。車ではない場合でも、同バスで17分程度で天狗山に行く事ができます。

 写真は天狗山ロープウエイ乗り場を背に同乗り場の駐車場から日本海方面を撮った写真です。天狗山ロープウエイ乗り場へ行く際には上記の通りに千秋通りという坂道を上っていく形となりますので、ロープウエイ乗り場の駐車場に着いた時点で少し日本海が見える光景となっています。写真でお分かりの通り、訪問当日は青々と晴れた空の下、山頂からの写真も綺麗な写真が撮れそうです。ではでは、ロープウエイに乗って天狗山の山頂へ向います!

 写真はロープウエイ入口です。入口には「北海道三大夜景」と書かれています。今回は2012年9月上旬の残暑のさなかで昼に立ち寄りましたので、天狗山からの昼の光景のUPとなりますが、後日「北海道三大夜景」としての天狗山にも訪問させて頂き、特集記事をUPさせて頂く予定です。ロープウエイは往復大人¥1,100、子供¥550、運行時間は9:00~21:00で12分間隔での運行との事でした(2012年9月上旬体験確認時点)。

 ロープウエイに乗り約4分程度。山頂へ到着致しました。山頂では右図の看板が迎えてくれます。天狗山の山頂には絶景パノラマを楽しみながらお食事のできる展望レストランや、森林浴の楽しめる自然遊歩道があります。また、かわいいシマリスたちとのふれあいを楽しめるシマリス公園、スリル満点の滑走を楽しめる草原ボブスレー・天狗山スライダーなどのミニアトラクションも用意されています(2012年9月上旬体験確認時点)。

 写真はシマリス公園の写真です。シマリス公園の中ではかわいいシマリスたちが自由に闊歩しています。シマリスたちは土の中に多くの穴を掘って素早く出入りしているため間近で見るのは容易でありませんが、入ってすぐ園内のガチャガチャにて100円で販売されているヒマワリの種がふれあいのためのたのもしいツールに。石の上に置いてみたり、手のひらに乗せて近づいてみますとシマリスたちが寄ってきます!ではでは、以下、天狗山からの光景スライドショーとなります。

 

【天狗山からの光景・スライドショー】

(※スライドショー下の各サムネイルをクリックして頂くと画像が制止します。)

 

 以下は天狗山ロープ―ウェイ乗り場付近図です。(なお、当特集ご紹介内容はあくまで2012年9月上旬時点での「かんたん」naviスタッフによるかんたん体験レポートでありますので、施設の詳細・正確な情報に関してのお問合せは施設ご管理者様へお問い合わせ下さい。)

※当特集にあたりましては関連施設ご管理者様のご了承を得て掲載させて頂いております。

 札幌・札幌近郊「かんたん」naviでは、今後も札幌・札幌近郊の注目スポットその他注目の情報に関して特集を設定し、随時記事をUP致して参ります。


 

関連情報発信『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』SNSページ(Google+ページ)

 

【PR】