※当ページ内リンク先は「太字リンクは当サイト内別ページ又は当サイト運営者管理別サイトへのリンク」「細字リンクは全く別のwebサイト様へのリンク」です。(ご閲覧環境によりましては太字と細字の区別は特に反映されない場合がありますので予めご了承下さい。)後者リンク先様は他の公法人様や企業様・個人様等のご管理運営下にあり当サイトと関係はありません。

※当サイトトップページはリンクフリーです(当ページに関してはこちらをご覧下さい)。なお、当サイトでは①リンクフリーをご明示されているサイト様②相互リンク先様または当サイトからのリンクに関してご同意を頂きましたサイト様について、お役立ちリンク欄等よりリンク設定させて頂いております。

※当サイトへの各種お問合せ関連に関しましてはこちらのサイト方針・お問合せをご参照下さい。

 

 札幌・札幌近郊「かんたん」navi 特集vol.4は「札幌藻岩山の光景特集」です!このたびお届けする当特集では、特集vol.2「札幌藻岩山の夜景特集」に続きまして今度はお昼に藻岩山の観光自動車道を経由して中腹まで到着後、もーりすカーに乗り札幌藻岩山の山頂へ向ってみました体験を動画やスライドショーでお届け致します。(お届けする内容は2013年5月下旬の「かんたん」naviスタッフによる撮影内容となります。)  

 札幌中心部方面から藻岩山観光道路へ向う場合には石山通り(国道230号線)を定山渓方面へ進み、川沿1条1丁目の信号で山の方に入る道がありますので、そちらへ進みます。左手にブックオフさんのある最初の信号を右折し、あとはずっと道なりに進んでいきますとやがて料金所があります。

 入場料は一般乗用車660円。料金を払い入場いたしますと、左写真のような緑に包まれた観光自動車道を、中腹駅へ向って登って行く形になります。

 観光自動車道を進んでいきますと、やがて右手に車をとめて一休憩できる場所があります。なお、この場所はあくまで車をとめて一休憩できるだけで、自動販売機やトイレ、その他の施設等があるわけではありません。このポイントからは右図のようにちょっと小高い位置から札幌を見下ろす事のできる光景を楽しむ事ができます。

 ではでは、さらに道なりに上に進んでいきますと、以下写真の中腹駅に到着します。

 自動車での登りはここがゴールとなります。山頂の展望台へ行くには自然遊歩道を歩いて登るか、中腹駅からもーりすカーに乗って(往復600円:2013年5月下旬体験時点。)向かう形となります。遊歩道を歩いて山頂へ向かいたかったのですが、このたびはスタッフが南区の訪問先に立ち寄りました際にたまたま天気がよかったので急遽組むことになりました特集でありましたので、残念ながら遊歩道を歩く時間がありませんでした。特集vol.2の夜景の際と同様、もーりすカーで山頂展望台に向かいます。

 中腹駅の中には「もいもいのお店」というお店があり、様々なオリジナルグッズやお土産を買う事ができます。駅には隣接して多目的ホールもあります。

 山頂へ向うもーりすカーは概ね15分に1本程度の運行(2013年5月下旬体験時点。)。乗車して発車してしまえば、わずか1分45秒という時間で山頂展望台に着いてしまいます。

 では、もーりすカーからの光景や山頂からの光景を動画やスライドショーでご紹介致します。

 山頂展望台からの光景を動画(Youtube)とスライドショーでお届けしています。今回の撮影2013年5月末は大変天気がよく、天気が非常に良いためにかえって少々光景が白く霞んで見えるような光景として映っております。山頂には展望レストランがあり、札幌の街を一望しながら食事をする事もできます。晴れた日の山頂は以下スライドショーのとおりに西側の山々もとても綺麗に見る事ができます。


 

【藻岩山からの光景・スライドショー】

 

 以下は藻岩山観光自動車道入口付近図です。なお、当特集ご紹介内容はあくまで2013年5月下旬時点での「かんたん」naviスタッフによるかんたん体験レポートでありますので、施設の詳細・正確な情報に関してのお問合せは施設ご管理者様へお問い合わせ下さい。

※当特集にあたりましては主要関連施設ご管理者様のご了承を得て掲載させて頂いております。

※ロープウエイ経由での藻岩山の夜景鑑賞体験はこちらの札幌・札幌近郊「かんたん」navi 特集vol.2「札幌藻岩山の夜景特集」の方をご参照下さい↓↓

札幌・札幌近郊「かんたん」navi 特集vol.2「札幌藻岩山の夜景特集」

 

  札幌・札幌近郊「かんたん」naviでは、今後も札幌・札幌近郊の注目スポットその他注目の情報に関して特集を設定し、随時記事をUP致して参ります。

 


 

関連情報発信『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』SNSページ(Google+ページ)

 

【PR】