※当ページ内リンク先は「太字リンクは当サイト内別ページ又は当サイト運営者管理別サイトへのリンク」「細字リンクは全く別のwebサイト様へのリンク」です。(ご閲覧環境によりましては太字と細字の区別は特に反映されない場合がありますので予めご了承下さい。)後者リンク先様は他の公法人様や企業様・個人様等のご管理運営下にあり当サイトと関係はありません。

※当サイトトップページはリンクフリーです(当ページに関してはこちらをご覧下さい)。なお、当サイトでは①リンクフリーをご明示されているサイト様②相互リンク先様または当サイトからのリンクに関してご同意を頂きましたサイト様について、お役立ちリンク欄等よりリンク設定させて頂いております。

※当サイトへの各種お問合せ関連に関しましてはこちらのサイト方針・お問合せをご参照下さい。

 

 札幌・札幌近郊「かんたん」navi 特集vol.2は「札幌藻岩山の夜景特集」です!当特集では、2011年末に観光施設がリニューアルされた札幌藻岩山頂からの夜景を動画やスライドショーでお届け致します(お届けする内容は2012年12月下旬の「かんたん」naviスタッフによる撮影内容となります!)。このたびお届けする藻岩山の夜景は、函館の函館山・小樽の天狗山と並び北海道の三大夜景として語られる事で知られています!

 札幌市中央区の南19条西14丁目・15丁目の間に位置する市電「ロープーウェイ入口駅」から徒歩約10分の所にもいわ山ロープ―ウェイの駅があります。市電「ロープーウェイ入口駅」は市電「西4丁目駅」から概ね20分程度で行く事ができます。このたびは車で行きました。もいわ山ロープ―ウェイ駅の駐車場は駅のすぐ近くにあり、左は駐車場から見たもいわ山ロープ―ウェイ駅です。この日はなかなか寒い日でしたが、上に行くとさらになかなか寒い気温が待っています。

 駐車場~ロープ―ウェイ駅の間にある案内図です。藻岩山は標高531mある山で、登山道やスキー場があり、地元の人々には登山やスキー等で親しまれています。登山道では運が良ければエゾリスに遭遇する事もあります。(エゾリスはなかなか個性的なオーラを放つ北海道に住んでいるリスです。)また、山麓通りからロープ―ウェイ駅へ向う入り口となる坂道は藻岩山の墓地への入り口ともなっておりますので、お盆の時期には多くのお墓参りに来る人々でにぎわいます。

 1年前にリニューアルされ近代的な雰囲気になった藻岩山ロープ―ウェイの駅です。ロープ―ウェイに乗り中腹駅まで行き、中腹駅でもーりすカーというミニケーブルカーに乗り換えて山頂まで行く形となります。ロープ―ウェイともーりすカーの各往復セットで大人1,700円・小学生以下850円です。大人1人につき就学前幼児2名まで無料となるようです。年間パスポート(大人2,800円・小学生1,400円)を買うと年間に何度でもそのパスポートで山頂まで行き来できます(2012年12月下旬体験確認時点)。

 中腹駅までは5分もしないうちに着きます。ロープ―ウェイの中ではみるみる高度があがり夜景が綺麗に見えてきますが、写真撮影はガラスに反射してしまいますのでロープ―ウエイの中で綺麗に撮るのは難しいです。中腹駅にはもいもいのおみせという売店があります。山頂にはレストランや映像ホールはありますが売店はありません。(2012年12月下旬体験確認時点)。もーりすカーに乗ると2分もしないうちに山頂に着きます。右はもーりすカーから降車後すぐにすきまから少し見えました夜景です。

 山頂からの夜景を動画(Youtube)とスライドショーでお届けしています。撮影時の山頂は-8℃と大変寒く、手袋がなかったため撮影していると寒さのあまり手が痛くなり、撮影中一度中に入って手と体を温めリトライ。何とか一応の映像・画像を撮影しました。夜景はやはり肉眼でないとわからない良さ・リアリティがありますので、地元の方々も行かれた事がない方々はご鑑賞に行かれてみてはいかがでしょうか。


【藻岩山からの夜景・スライドショー】

(※スライドショー下の各サムネイルをクリックして頂くと画像が制止します。)

 以下は藻岩山ロープ―ウェイ駅付近図です。(なお、当特集ご紹介内容はあくまで2012年12月下旬時点での「かんたん」naviスタッフによるかんたん体験レポートでありますので、施設の詳細・正確な情報に関してのお問合せは施設ご管理者様へお問い合わせ下さい。)

※当特集にあたりましては関連施設ご管理者様のご了承を得て掲載させて頂いております。

藻岩山ロープ―ウェイ施設の情報に関してはこちら↓が参考になります。

札幌市の公式観光サイト・ようこそさっぽろサイト内のもいわ山ロープウェイ案内

 

 札幌・札幌近郊「かんたん」naviでは、今後も札幌・札幌近郊の注目スポットその他注目の情報に関して特集を設定し、随時記事をUP致して参ります。


 

関連情報発信『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』SNSページ(Google+ページ)

 

【PR】